酸洗いに向いている金属

鉄に発生する赤錆を除去するのに有効

酸洗いは金属の表面処理の方法の一つですが、酸性の液体を使って行う処理であるために適している金属とそうでない金属があります。適している金属の代表的な存在となっているのが鉄です。 鉄は私達にとって身近な金属であり、多くの場所で使用されています。しかし、鉄は空気に触れているだけで赤錆を発生させてしまうという弱点も持っていますが、この赤錆を酸洗いで除去することで新品のような輝きを取り戻すことが出来ます。 赤錆を除去することでメッキ加工や塗装がしやすくなりますが、鉄を酸洗いによって表面処理した場合には放置しているとすぐに再び赤錆が発生していまいます。そのため、酸洗いをした後には出来るだけ早く錆防止の加工を施すことが大切です。

ステンレスの表面にある不働態皮膜の再形成に有効

金属を製品に加工する際には表面処理を施す必要がありますが、その中でもコストが安くなっているのが酸洗いです。酸洗いに向いている金属とそうでない金属がありますが、向いている金属の一つがステンレスです。 ステンレスは私達の生活の中で広く使用されていますが、その理由の一つとしてはいつまでも美しいままの状態を保つということが挙げられます。これにはステンレスの表面にある不働態皮膜が関係しています。 不働態皮膜はステンレスを加工する際の溶接や切断などの工程によって破壊されてしまいますが、この不働態皮膜の再形成をするのに酸洗いが有効となっているのです。酸洗いによってステンレスは再び錆びにくく綺麗な状態を保つ性質を取り戻すことが出来るのです。