酸洗いに向いていない金属

光沢のある金属には不向き

塩酸や硫酸などを使用して金属の表面を洗浄する酸洗い。他の金属の表面処理に比べて低コストで行えることから、大変人気のある工法となっています。ステンレスやチタンなど、様々な金属に対応している酸洗いですが、酸洗いに向いていない金属もあるので注意が必要です。そのひとつが光沢のある金属です。酸洗いは光沢を出すための表面処理ではないので、光沢がある金属をさらに磨き上げる場合や、金属に光沢感を出そうと思っている場合には効果が得られません。ただし、金属にバレル研磨などの加工を施す前の下地処理としては酸洗いはとても有効です。酸洗いすることで金属に付着した不純物などが取り除かれるので、研磨を効率良く行えるようになります。

鉄に酸洗いを施す場合には、錆びを防止する加工が必要

酸洗いは錆び落としにも非常に有効ですが、酸洗いを施す金属によっては逆に錆が発生してしまうことがあります。その代表的な例が鉄です。鉄は非常に酸化しやすいという性質を持っているため、酸洗いをした後に防錆処理を行わないでいるとすぐに酸化反応が起こってしまい、錆びが発生します。それを知らずに鉄に酸洗いを施すと、表面を綺麗にするつもりがかえって逆効果になるので注意が必要です。錆びを防ぐために鉄に施す処理として「リン酸塩皮膜処理」が有名です。リン酸塩皮膜処理を施すことで鉄の表面に薄い皮膜が形成されるので、鉄が酸素と触れることがなくなり、錆びが発生しなくなります。このように、酸洗いを行う際には金属の性質をよく知り、酸洗いが適しているかどうか見極める必要があります。