酸洗いのデメリット

酸洗いとは?金属を美しくするための重要な工程

金属製品は、使用するほどにサビがついたり、スケールと呼ばれる水垢が白く固まった炭酸カルシウムが目立つことがあります。金属を熱で加工する過程でもサビやスケールは表れますが、これらを『酸洗い』することが美しい製品に仕上げる第一歩です。酸洗いとは、金属の表面にできてしまったサビやスケールを酸溶液に浸して洗い落とす作業のことをいいます。酸洗いという前処理が、その後の金属の研磨作業を短縮化または簡素化することに繋がり、私たちの身の周りにあるステンレスやチタン、メッキなどが使用されている金属製品を美しく完成させるまでの重要なポイントを担っているのです。バルブやスクリュー、車のマフラー、配管などがわかりやすい例でしょう。精密機械の部品として使用されている金属も、酸洗いをすることで機械が壊れにくくなるほか、ケガの防止にも繋がっています。

危険で時間も掛かってしまう酸洗い

酸洗いは、シンプルな工程で行えるというメリットがあります。繰り返し使える液体に浸しておくだけなので、製品によっては大量に処理をすることが可能でしょう。
ところが酸洗いは、危険な薬剤を取り扱わなければならない上に、数時間に及ぶ浸漬時間が必要です。最終的な製品の質がより精度の高いものを目指すなら浸漬時間を細かく設定しなければなりません。そして硫酸や塩酸・リン酸などの危険な薬剤を金属ごとに異なる配合で使用するため、これらの薬剤を安全に取り扱うための知識や経験が必要です。有毒ガスが発生しないように気を付けることはもちろんですが、万が一を考え、こまめに体調をチェックするのも忘れないようにしましょう。事故防止のための設備投資や作業のルール化・正しい排水処理を行うことは必須となります。

金属表面処理とは、材料の表面に何らかの処理加工を施すことです。研磨やめっき、塗装、化学処理など、様々な方法があります。