酸洗いの目的とは

金属を洗浄する目的があります

酸洗いとは酸性の液体が金属を溶かすという性質を応用した工法です。主には硫酸や硝酸を金属に吹きかけたり漬けたりします。これにより、さびや酸化被膜を除去して表面をきれいにします。通常は研削工程という方法もあるのですが、酸洗いのほうが設備投資が安く簡易的な工法なため、大型の製品などに広く用いられています。また、パイプなどの長いものや、形状が複雑で機械や人の手で仕上げができない部位にも適用されています。また、一度にたくさんの量を処理することが可能なため大量生産にも向いているのです。それだけでなく、酸性の液体により金属の表面に被膜を作ることで防錆効果をもたらすこともできるのです。また、機械加工のバリを除去してきれいにする効果もあります。

表面処理にも役立ちます

金属の表面を仕上げる工程としてコーティングやメッキがあります。表面処理をする前に金属の表面に不純物がないほうが高い品質で仕上げることができるのです。万が一不純物があればメッキが途中ではがれてしまうなどの品質問題が生じてしまいます。具体的には溶接工程後に金属の表面が汚れるというケースがあります。酸洗いをすることで酸化被膜などを除去して、コーティング成分が表面に付着しやすくなるのです。注意点は、酸性の液体と金属には相性があるため、しっかりとトライアルをして確認することが重要です。酸性の液体の選択を間違うと表面がガタガタになって逆効果になってしまうのです。さらに、処理時間など工程の管理をすることも重要となります。

古い塗膜をしっかりと剥がすことが出来る、粉塵が飛び散りにくい、電動工具や高圧洗浄機を用いるよりも音が静かで近所迷惑にならないなど、塗装剥離剤には様々なメリットがあります